シミ取りレーザー後、化粧水はいつからOK?どんなスキンケアがおすすめ?

シミ取りレーザー

シミ取りレーザー施術後すぐのスキンケアは?患部に化粧水は付けてもOK?

ピンポイントのシミ取りレーザー治療を受けると、施術後は患部に絆創膏(保護テープ)を、かさぶたができて、はがれるまで(1~2週間程度)貼り続けることになります。

この絆創膏(保護テープ)は、「1週間程度は貼りっぱなしにする」ようにクリニックから指示が出ることが多いですが、クリニックによっては、「自分で貼りかえるように」と言われる場合もあるようです。

その場合はワセリンやステロイドなどの軟膏を処方され、軟膏を塗った上に絆創膏を貼ります。

そのため、シミ取りレーザー施術直後の患部には、化粧水やクリームなどといったスキンケア化粧品を塗る、ということはありません。

患部には絆創膏を貼ったまま、レーザーを当てた箇所以外の肌は、いつも通り化粧水や美容液、クリームなどといったお手入れをします。

絆創膏を貼っている間は、

「絆創膏とれちゃいそうだな・・」

と、気にしながらスキンケアをしなければいけないので、豪快に、

「バシャバシャ~!パンパン!」

と、化粧水をつけたりできないところではありますが、しばしの我慢です。

 

化粧水などのスキンケアは、シミ取りレーザー照射後、いつからできるの?

レーザー施術後、化粧水などのスキンケアができるようになるのは、

「絆創膏(保護テープ)を貼る必要がなくなってから」=「かさぶたがはがれてから」
です。

この期間は個人差がありますが、約2週間程度は貼っておくことが多いです。

(患部の状態によっては、もっと貼るように言われる場合も。医師の指示に従いましょう。)

かさぶたが落ち着いて、絆創膏(テープ)が剥がれたら、ようやくここで、化粧水やクリームといった、通常のスキンケアを、患部にもできることになります。

レーザー後のかさぶたが取れた状態の肌は、うっすらピンク色をしています。

生まれたてのこの肌は、とても薄くデリケートな状態。

バリア機能もしっかり備わっていないので、普段は敏感肌でない方でも、「非常に敏感な状態」になっていると思っておいた方がよいでしょう。

敏感肌用の化粧水やクリームで、「しっかりと保湿」することをおすすめします。

保湿を怠ると、乾燥してかゆみやひりつきなどの原因となってしまうので、しっかりと保湿しましょうね。

 

レーザー後の肌にはどんなスキンケア(化粧水・美容液・クリーム)を選んだらよい?

レーザー治療後の肌にはどんなスキンケアを選んだらいいのでしょうか。

「シミ」を気にしている方の普段のスキンケアは、「ビタミンC誘導体」だとか、「アルブチン」「コウジ酸」などといった、美白成分をスキンケアに取り入れている方、多いかと思います。

もちろん、シミそばかす予防には、これらの「攻め」の成分は有効です。

ただ、レーザー後のすごくデリケートな肌にとっては、これらの美白成分は刺激になることも多いので、いったんお休みしましょう。

例えば、高濃度のビタミンC誘導体は、少し肌調子が悪いと、ピリピリ・・・と刺激を感じたこと、ありませんか?

レーザー後の肌は、まだまだ回復中のお肌。かなり敏感です。

今は「攻め」のスキンケアではなく、「守り」のスキンケアをすることに徹底しましょう。

とにかく保湿し、「バリア機能を回復させることだけに集中!」です。

 

おすすめのスキンケアは、敏感肌用のノブⅢ

ノブⅢの化粧水・美容液・クリームには、肌のバリア機能を回復させる「セラミド」「アミノ酸」「スクワラン」が配合されています。

また、レーザー治療後の肌は、やけどをし、炎症を起こしている状態ですが、ノブⅢのラインには抗炎症成分も配合されているので、治療箇所の炎症が悪化するのを防ぎ、バリア機能の回復をサポートしてくれます。

また、ノブⅢのスキンケアには、肌に刺激になりやすい「植物エキス」なども一切無配合、ということも、レーザー後の肌に最適な理由です。

「敏感肌には、オーガニック化粧品」

と思っている方も多いですが、オーガニックスキンケアに配合されている植物エキスなどは、敏感肌にとって、実は刺激となる場合も多いんです。

オーガニックの香りや使用感は、「癒しになる」という理由で使用されている方も多いかもしれません。

確かに、心安らぐ香りなどは気持ちをアップさせ、それによって肌状態が整う、ということもあります。

ただ、これは、「肌が元気なとき」に限ってのこと。

レーザー治療後の敏感になっている肌状態のときは、いったんお休みしましょう。

 

ノブⅢには、こういった「肌に刺激になる成分」は極力排除

特に、美容液の「バリアコンセントレイト」は、セラミドの配合量が多く、肌荒れしたときの「お守り」として敏感肌の方に広く支持されています。

シミ取りレーザー治療後のお肌の回復期は、「シミがきれいに消えるかどうか」を決める大切な時期です。

とにかく刺激を与えず、保湿をしっかりすることで、かつてはそこに「シミがあった」ことなど、みじんも感じさせない「美肌」をゲットしましょう!

>>ノブⅢ「トライアルセット」

 

シミ取りレーザー治療が受けられるおすすめクリニック3選

品川スキンクリニック
品川スキンクリニック(シミ)

相談:無料
クリニック数:21院

全国に店舗があるため通いやすい。
「オーロラ」「フォトシルクプラス」など、光治療の種類が豊富なので、自分に合うものを選択して受けることができる。
初回割引価格があるのも魅力。
例えば「オーロラ」なら顔全体で4,000円と破格。
消費税増税後も価格が変わらないのも大きなポイント。

湘南美容クリニック
二重

相談:無料
クリニック数:93院

全国に90を超える店舗を構える。
「美容医療をもっと身近に」をモットーに、効果の見える医療を適正価格で受けられる。
メンバーになると、施術に使えるポイントが貯まったり、定期的に割引券がゲットできたりする。
しみ・美白・くすみに最適な「フォトRF」が人気の施術。

レジーナクリニック
レジーナクリニック 薬事承認取得ピコレーザー

相談:無料
クリニック数:14院(レーザー治療は表参道院のみ)

ナノ秒レーザーよりも更に短いピコ秒レーザーで照射する「ピコレーザー」による光治療を採用。
抜群の効果と、ダウンタイムの大幅な軽減により、肌ダメージを与えずに美肌をゲットできるのが特徴。
シミ・そばかすだけでなく、肌のつや・化粧のりのアップなどトータルで効果を実感したい方におすすめ。

シミ取りレーザー
hanaをフォローする

シミ取り.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました