極潤の美白ライン「白潤」は、そばかす・シミに効果あるの?肌は白くなる?

シミの対策

ロート製薬の肌ラボ「極潤」の美白ライン「白潤」。

プチプラで気軽に手に入れることのできる、人気のスキンケアですね。

ここでは、「白潤」シリーズが、そばかすやシミに効果があるのか?

肌は白くなるのかどうか?ということについてみていきたいと思います。

 

「極潤」の美白ライン「白潤」は、スタンダードとプレミアムの2種類。

白潤シリーズは、スタンダードタイプとプレミアムの2種類で、それぞれに化粧水・乳液・クリーム(プレミアムはクリームではなく美容液)があります。

スタンダードタイプとプレミアムタイプの大きな違いは、配合されている美白成分が違うということ。

スタンダードには「アルブチン」、プレミアムには「ホワイトトラネキサム酸」が配合されています。

極潤シリーズの最大の特徴であるヒアルロン酸は、もちろんどちらにも配合されていますし、美白成分ビタミンC誘導体も、どちらにも配合されています。

ここでは、白潤シリーズのなかでも人気の高い「化粧水」の成分から、そばかすやシミに効果があるのか?白くなるのか?検証していきたいと思います。

 

極潤の美白ライン「白潤薬用美白化粧水(スタンダードタイプ)」の成分・そばかすやシミへの効果は?

まずはスタンダードタイプの「白潤薬用美白化粧水」の成分からチェックしてみましょう。

【白潤薬用美白化粧水の全成分】

<有効成分> アルブチン
<その他の成分> ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)、BG、濃グリセリン、ソルビット液、POPメチルグルコシド、コハク酸2Na、コハク酸、VP・スチレン共重合体エマルション、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、パラベン

プチプラながらも、ちゃんと「医薬部外品」なので、美白成分のアルブチンが一定の濃度で配合されている美白効果のある化粧品ということが言えます。

個人的には、「濃度が〇%と、具体的な数字まで書かれている」と、もっと化粧品って、比較しやすくなるのにな、と思うんですが。

日本の今の法律ではそこまでの表示義務はないですね。

アルブチンは、チロシナーゼというメラニン色素を合成する酵素に直接作用し、メラニン色素が作られるのを防いでくれる、という働きがあります。

残念ながら、できてしまったシミを薄くする効果はありませんが、新しいシミを作らない予防美白効果の高い成分と言えます。

「白潤薬用美白化粧水」には、メラニン還元作用のある「ビタミンC誘導体」や、抗炎症効果の高い「ヨクイニンエキス」も配合されていますし、使い続けることによって、そばかすやシミのできにくい肌を目指すことができます。

プチプラながらも、デパコスコスメにも劣らない優秀な化粧水だと思います。

実際、効果を実感したという口コミも見てみましょう。

 

 

極潤の美白ライン「白潤薬用美白化粧水(スタンダードタイプ)」の口コミは?

白潤薬用美白化粧水(スタンダードタイプ)の実際の愛用者の口コミをみてみましょう。

(※口コミは、@コスメから抜粋しています)

安いので惜しみ無くバシャバシャ使えるのが良いですね。
しっとりタイプでは無いので、さらっとしたテクスチャでベタつかないです。
重ね付けすると肌がモチモチになります。
肌が白くなったかは分かりませんが、透明感が出た気がします!

(20代 女性)

 

しっとりして乾燥肌が良くなったのと、肌の色が明るくなりました!

付けた後はべたつくのですぐに化粧ができないのが難点ですが、効果があるので、また買うと思います。

(30代 女性)

 

ミニボトルの白潤が他の化粧品を購入した際についてきたので使ってみました。少しずつ肌が白くなり、ハリもでてきたので、思い切って白潤を普段使いにと、購入しました。プチプラでとても満足です。

(20代 女性)

口コミを見てみると、そばかすやシミが「消えた」という口コミはありませんが、「肌に透明感が出た」「白くなった」「トーンアップした」という声は多いようでした。

 

極潤の美白ライン「白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水」の成分・そばかすやシミへの効果は?

続いて、「白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水」の全成分をチェックしてみましょう。

【白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水の全成分】

<有効成分> トラネキサム酸(ホワイトトラネキサム酸)
<その他の成分> ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na-2、DPG、BG、ジグリセリン、濃グリセリン、水酸化大豆リン脂質、PEG-8、PEG(30)、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、VP・スチレン共重合体エマルション、無水クエン酸、パラベン

プレミアムには、美白成分に「トラネキサム酸」が配合されています。こちらもしっかりと「医薬部外品」なので、一定濃度配合されています。

トラネキサム酸には、情報伝達物質内のプロスタグランジンなどをブロックすることでメラニンの生成を抑え、そばかすやシミを防いでくれる、という働きがあります。

シミができる過程の最初の段階で、「シミ発生指令」をストップしてくれるんですね。

また、トラネキサム酸には、紫外線によるほてり、肌荒れを防ぐなど抗炎症作用もあり、紫外線ダメージに有効な成分です。

 

 

極潤の美白ライン「白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水」の口コミは?

続いて、白潤プレミアムの口コミをみてみましょう。

これをバシャバシャつけただけで肌がもちもちだし、透明感も出てきました。
このまま乳液もクリームもなくても大丈夫かな?って思えるくらいしっかり肌が潤ってます。

パッケージがオシャレではないけど(笑)それ以外はお値段も激安だし良いですよね。
とろみ化粧水が苦手でなければおすすめです。

(30代 女性)

 

海外で真っ黒に日焼けして、白潤のプレミアムを使い始めました。

1ヶ月半を過ぎたあたりから、「あれ?白くなって来たかも?」と思い、家族にも聞いてみたら「日焼けだいぶ落ちてきたね」と言われテンションが上がり、無くなっても詰め替え用買ったりとリピートしていました。

使用して3ヶ月過ぎたあたりから肌の色は元どおり!!!
現在も使用中で、彼氏からも肌白くなったと褒められました
(20代 女性)

プレミアムの方も、肌が明るくなるなど、美白効果と保湿効果を実感されている方が多いようです。

 

白潤は、スタンダードタイプとプレミアム、どっちを選んだらいいの?

美白成分は、スタンダードタイプには「アルブチン」、プレミアムタイプには「トラネキサム酸」が配合されているわけですが、

「で、私にはどちらのタイプが向いてるの?」

という疑問が出てきますよね。
簡単にまとめてみました。

 

アルブチン(白潤薬用美白化粧水スタンダード)が向いているタイプの方は・・?
・紫外線を浴びると赤くならず、黒くなる。
・すぐに日焼けしやすい。・すぐに日焼けしやすい。
 
トラネキサム酸(白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水)が向いているタイプの方は・・?
・日焼けすると赤くなりやすくて、あまり黒くならない。
・敏感肌、紫外線に当たると炎症を起こしやすい肌質の方。

美白成分だけを見ると、ざっとこんな感じです。

ただ、スタンダードとプレミアムでは、プレミアムの方がヒアルロン酸量が多く、濃厚な使用感となるので、好みもありますよね。

季節によっても好きなテクスチャーは違うかと思いますし、成分ばかりにこだわりすぎず、その時の自分が「心地よい」と感じる方をチョイスするのがベストかと思います。

 

 

極潤の美白ライン「白潤」に、今すでにあるそばかすやシミを消すことはできるのか?

ここまで、極潤の美白ライン「白潤」の化粧水の成分についてみてきましたが、「白潤」シリーズに、「今すでにあるそばかすやシミを消すこと」はできるのでしょうか。

結論から言うと、

「消すことはできません」

アルブチンもトラネキサム酸も、どちらもとても優れた美白成分です。

さらにこれらの美白成分がしっかり配合されているのにもかかわらず、千円程度という安さで入手できる「白潤」シリーズは、すばらしい美白化粧品です。

ただ、アルブチンもトラネキサム酸も、「これからできるそばかすやシミ」を「予防する」効果しかないのが事実で、今、すでにあるそばかす・シミを消すことは不可能です。
(このことについては、コチラの記事でも詳しくふれています。)

 

今、すでにある濃くて存在感のあるシミを消すには、レーザーによる治療でしか不可能です。

美白化粧品を「今あるシミ・そばかすを消すことができる」と信じてせっせと使い続けるよりも、レーザー治療で「さっと消してしまう」方が、実は、はるかに時間と化粧品代の節約になるんです。

以前は、シミ取りレーザー治療は高額で、限られたごく一部の人しかできませんでしたが、今では費用も安くなり、かなり一般的になっています。

濃く・存在感のあるそばかすやシミにお悩みならば、一度クリニックを受診してみるのもひとつの方法です。

 

>>シミ取りレーザーの無料カウンセリングができるクリニックをみてみる。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました